用語辞典からみた感染症の主な種類

害獣や害虫を退治する業者

害獣に噛まれた際の感染リスクと予防法

害獣に噛まれると、感染症のリスクが存在します。感染の原因としては、害獣の口腔内に存在する細菌、ウイルス、真菌などが挙げられます。一般的な害獣には野生動物や家畜、特に犬や猫が含まれます。感染症のリスクは噛まれた箇所の状態、害獣の種類、その害獣が保有している病原体などによって異なります。

1.害獣に噛まれた際の感染症の種類
噛まれることによって引き起こされる感染症の主な種類には以下があります。
細菌性感染症
・犬咬傷による感染 ペーストレラ、フステラ、ストレプトコッカスなどが犬の口腔内に存在し、これが感染の原因となります。
・猫咬傷による感染 バルトネラ、ストレプトコッカス、フステラなどが猫の口腔内にあり、これが感染を引き起こす可能性があります。
ウイルス性感染症
・犬咬傷による感染 狂犬病ウイルスは、犬やその他の動物から人間に感染する可能性があります。
・猫咬傷による感染 カリシウイルスは、猫の唾液を介して感染が広がることがあります。
真菌感染症
・犬咬傷による感染 犬の咬傷によって発生する真菌感染症として、クリプトコッカスが挙げられます。

2.感染症の症状
噛まれた箇所によって症状が異なりますが、一般的な感染症の症状には以下が含まれます。
・腫れ、赤み、熱感
・疼痛や痛み
・膿の放出
・発熱、寒戦、全身倦怠感
・リンパ節の腫れ
また、特定の感染症にはそれぞれの症状が現れる可能性があります。例えば、狂犬病の初期症状には発熱、頭痛、不安感が現れ、進行すると神経症状が出現します。

3.感染症の予防
噛まれた場合、感染症のリスクを最小限に抑えるために以下の予防策が重要です。
・早期の傷口のケア
噛まれた箇所をすぐに流水で洗浄し、適切な抗菌剤で消毒します。
・医療機関の受診
噛まれた際は速やかに医療機関を受診し、傷の処置や必要な予防接種(例:狂犬病ワクチン)を受けます。
・抗生物質の使用
医師の指示に従い、必要に応じて抗生物質を処方されることがあります。

4.感染症の治療
感染症が確認された場合、治療には以下が含まれます。
・抗生物質の使用
細菌感染の場合、適切な抗生物質が処方されます。
・ワクチン接種
狂犬病のリスクがある場合は、狂犬病ワクチンが投与されることがあります。
・傷口の処置
傷口が感染している場合、手術やドレッシングの変更などが行われることがあります。

5.留意点
噛まれた際には傷口が感染する可能性があるため、早期の適切な処置が重要です。
特に狂犬病のリスクがある場合、早期のワクチン接種が命を守る重要な手段となります。

感染症のリスクを減少させるためには、予防策の徹底と早期の医療対応が不可欠です。ただし、噛まれた際には速やかに医療専門家の診察を受け、指示に従うことが大切です。


害獣の退治駆除


受付電話番号